右脳教育

ラバントの右脳教育についてご紹介します。

Lovantの右脳教育

0歳~3歳までの右脳の発達は著しく、この著しい時期に脳に刺激を与えることで子どもの能力を開発していきます。 3歳頃までは、言語能力が発達していないので、物事を理屈で考え、処理することができません。

右脳は、感性、ひらめき、直感力、想像力を
発揮する脳

左脳は、言語、計算能力、分析能力など
理論的なことを担う脳

右脳を鍛えておくことで、次第に左脳で処理をするようになり6歳頃にバランスよく脳が働くようになります。 右脳教育では、イメージを使い、潜在能力を引き出します。引き出した能力を活かす為の左脳教育を行いバランスよく育みます。

子どもの脳について

人間の脳は、3歳までに80%、6歳までに90%、12歳までに100%完成すると言われています。(脳:神経系)脳神経の成長が、そのまま知能の発達に関連します。子どもが成長していく中で、発達していく特性を説明する「スキャモンの発達・発育曲線」がこちらです。

子どもの脳についてイメージ

脳とシナプスの関係

頭の良さを司るシナプスは、一つの神経細胞は平均1万個のシナプスを持っていると見られており、これらの神経細胞はその先端のシナプス部分で相互に接点を持っています。神経細胞同士が接点を持つことで、脳の働きは向上し賢い脳になっていきます。

子どもの日常的な活動において、良く準備された環境のもとで多様な経験と学びが子どもの脳機能の発達に重要なメカニズムになります。

2020年から、センター試験が廃止される「大学入試制度改革」等、日本の教育が大きく変わろうとしています。教育現場は、主体性や思考力を重視する教育になります。時代の変化に対応できる子どもの基盤を育み、将来活躍できる子どもになるようにラバントの右脳教育を体験してください。

脳とシナプスの関係イメージ

園の紹介イメージ

園の紹介

大切なお子様をお預かりするために、国が定めた基準を満たしています。東京都認可外保育施設指導監督基準を満たした保育園です。

ラバントの1日イメージ

ラバントの1日

教育は、毎日の積み重ねにあります。規則正しく生活を送り、規律を守り、集団生活の中で成長していきます。

ラバント右脳教育イメージ

ラバント右脳教育

無限の可能性を引き出すには、脳科学に基づいた教育実践が必要です。右脳が優位に動く、適切な時期に右脳教育を行い、左脳も活性化させることでバランスよく発達していき、子どもの可能性を広げます。

  • Lovant Facebook

  • Lovant Instagram

  • Lovant 先生ブログ

  • Lovant twitter

ページの先頭に戻る